傾向と歴史

悩み

通風の傾向としては、肥満になる男性が増加しているため、痛風患者全体の数が増えています。歴史的に見てみると、戦前においてはお金持ちや美食家しか痛風にならなかったのえすが、最近では食生活の欧米化と運動不足によって、ますますその数が増えています。

受診の方法

医者

世田谷区には内科の病院もたくさんあります。またドクターによって、専門に勉強されていたり、専門の機械を置いている場合もあるので、症状に応じて受診をしてみるのもいいでしょう。また、風邪などの症状はどこの病院でも診てもらえます。

症状と原因を知ろう

医者

痛風という言葉はよく聞かれますが、実際にどのような症状が痛風の症状なのか、明確に理解している人は多くありません。そこで、ここでは痛風の症状について書いていきます。痛風は少し動いて服がこすれただけで非常に痛みを感じます。また、風があたるだけでも痛みを感じます。このようなことに思い当たる人は、痛風に該当します。痛風は激痛にもかかわらず、一過性のものという厄介な性質を持っています。一時的に痛みを伴い、その後は痛みを感じないことが多いのです。期間としては1週間から10日間程度です。もちろん、個人差はあります。しかしながら、それは治ったということを意味しません。放置しておくと、痛風はどんどん進行していきます。

痛風になる要因はそれでは何なのでしょうか。痛風は大食することがもっとも大きな要因です。そのため、肥満体型の人に多い病気なのです。別名を「ぜいたく病」といわれるほどです。戦前の日本では一般の家庭では、良質な食事環境はめったにありませんでしたので、この症状にかかる人はほとんどいませんでした。しかしながら、高度経済成長を遂げて社会が豊かになると、この症状にかかる人の割合は増加しました。それでは、改善するにはどうしたらよいのかというと、原因である大食をやめることです。つまり、バランスの取れた食生活を送ることが一番の特効薬になるというわけです。ちなみに、痛風患者の9割が男性です。女性は1割程度しかいません。痛風の症状が気になる場合、医師のもとをすぐに訪ねましょう。

気を付ける

看護師

世田谷区内科の病院がたくさんあります。そして、診察ではなく、お薬のだけの処方をしてくれる場合もあります。ドクターによって、患者さんの症状やお薬の内容によって、お薬だけ処方をしてくれます。また海外での渡航される関係で、長期処方ができる事もあるので、必要であれば、医師に相談をしてみるといいでしょう。